Create × Wave

アートに生きる - 若井映亮のブログ

もっともっと出逢いたい

仕事を終え、用事を済まし、帰宅しました。

社会人になり、1年が経とうとしていて、仕事もかなり忙しくなってきました。

そんな今だからこそ、仕事のことではなく、どういうことを自分の人生というくくりで大事にしたいか、を改めて考え、言葉にしてみたいと思います。

僕は出逢いたい願望が強い。

結婚したい願望もものすごく強い。

昨日、この写真を母親に「この写真いいよね。」と見せられました。

これは、ラオスのシーパンドンで村の人と戯れている時に、現地で出逢ったこうすけくんが撮ってくれたものです。

子供が話しかけてくるタイミングとか、笑うタイミングとか、足に絡んでくるタイミングとか、お母さんが笑って見てるとか、みんな裸足なこととか、夕日とか、人の声と鳥の声と川の音しかしないこととか、触れるもの全てが思っていたより斬新で、新鮮でした。

また、そう感じた自分自身もまた新鮮でした。

僕はこの旅行で、出逢う喜びを素肌で感じました。

この出逢い、というのは邂逅だと思います。

好奇心を持ち、自ら触れにいくのでは、味わえない経験です。

僕は、その邂逅を通じて、それまで意識してなかったことにふと気付き、その経験が無ければ知り得なかった感情を優しく打ち付けられました。

今は、そういった経験をすることが僕の世界を広げてくれると信じているし、喜びです。

「僕の世界を広げてくれる」と言ったものの、世界に対する理解が深まるとか知見がたまるとか、見識が広がるとは思っていません。

結局”自分では無いもの”に触れることはできても、まだまだ分からない。分けられないと思います。

世界を頑張ってデフォルメしても、結局僕には分割できないし、分割すべきなのかも分からないです。

ただ一つ言えることは、非自己的な外部要素が鏡となり、自己そのものに出逢えますし、それは僕にとって本当に気持ちがいい、とっても豊かな経験であるということです。

夜中一人でスラム街を歩いていてもふふって笑っちゃうくらい気持ちいい。

結婚願望でいうと、僕は何かこだわったものに関しては絶対誰にも負けたくない。

一番知ってたいし、一番やりたい。ただ、それだけ。

それは、サッカーでもお勉強でもDJでも仕事でも変わらないみたいだから、きっとなんでもそうなんでしょう。

邂逅を通じて自分の世界を広げ、飛びたい所で飛び、潜りたいところで潜る。

それは仕事がどんなに忙しくても、楽しくても、今後大事にしていきたいと思います。

上の写真が、約10ヶ月前。

1年後の3月もその時の自分に恥じないように。

おやすみなさい♪