Create × Wave

アートに生きる - 若井映亮のブログ

Today is the youngest day of your life

久々のブログ更新です!意識変えなきゃなと思ったので、ブログにします。

僕は今サーバーエージェントアドテク本部で、海外技術研究ゼミというゼミに入っており、湊ゼミ長のもとで、勉強させて頂いています。

今日は、Masaki Hatanoさんをお招きして、広告の歴史や海外スタートアップに関する講義をして頂きました。

↓まささんのブログ

http://ameblo.jp/masaonly1/

僕の性格上、すぐ勉強した気になってしまい偉そうに、後輩や友人に「広告の未来は~」とか言い出しちゃうんですが(まじ恥ずかし)、ちゃんと本当に人生を尽くして勉強されている方に直接お話を伺うと、「飛んだお花畑な馬鹿野郎だな」と反省しています。

お話を伺っている最中最早わくわく感を覚えてしまう。「俺より知ってるな」みたいな悔しさを覚えないという病気加減。汗

目の前のことを頑張りつつも、視野を広げた勉強や人脈作り(直接先輩方にお話を伺える環境づくり)は必死でしないと、本当にビジネスの世界から置いてかれてしまうと痛切に感じました。

なぜこんなに差が出るのか。

と考えた時に、一番大きいのかを考えた時に、

「自ら良い物を考えて・創って、世の中を良くする。誰かを幸せにする。」

という発想が僕は弱いからなんじゃないかと思いました。

-----------------------------------

『Give,Give & Give』

これは本人が言っていたわけではないけど、僕が感じた事。

彼の精神にはこれが自然とあるんじゃないかなと思う。どうやったら周りの皆んな(動物含め)をhappyに出来るか?その辺を考え抜いているというか、自然にしている気がする、そして何の見返りも期待せずにGiveしていく。

(まささんのブログから引用)

-----------------------------------

サイバーエージェントの子会社で、経営者のつもりで働いてます!」

とか言ってますが、所詮「誰かを幸せにする」みたいな視点より、

「如何に成果を出せるか」だったり、

もっというと

「如何に評価されるか」を意識してしまっているんだと思う。

結果的に、アンテナもはれなくなって、自分のサービスにこだわりや誇りもなくなって、期待値を超えるような成果も出せない。

いくら長い時間働いた所で。

ましてや、「誰かを幸せにする」「世の中を良くする」ことなんてできない。

これからは、足元売上ガンバる!みたいな部分は義務としてやりつつ、世の中にどうすれば還元できるかも真摯に考えていかなきゃいこうと思います!

Today is the youngest day of your life!

というまささんに頂いた言葉をしっかり噛み締めて頑張り直す!