Create × Wave

アートに生きる - TORIHADA取締役のブログ

【TORIHADA社内向け】自信を持つために

"自信"をgoogleで調べると⦅自分の価値・能力を信ずること。自己を信頼する心。⦆だそうだ。

 

「自分を信じる」ということだ。

 

僕の"自信"の定義はもう一つある。それは、

「自(おの)ずと信じられる」ということ。

 

自信を持とうと思う時は大体自信を無くしている。
そんな時に、自信を持とう、と自分に唱えても、大抵意味が無い。

自信を無くすことが無いように、自ずと信じられる状態、勝手に自信を持っている状態を保つことが重要だ。

今自信を持っているのであれば、その状態をキープする努力が先手力である。

 

では、自分を「自ずと信じられる」状態を作るためにどうすればいいか。

 

能力とは、情報・スキル・経験による瞬発力や判断力のことだと、僕は考えている。
インプット、練習、アウトプット、それぞれの量と質である。

その能力が、比較対象と相対的に優っていると感じられる時、人は「自ずと信じられる」のでは無いだろうか。

 

具体的な例として、僕が一番尊敬した先生に「先生は大学にはかなり出席されたんですか?」と聞いたら「可能な限り行きませんでした。大学の教授より本を読んでいたので。学びがありませんでした。」と言っていた。

 

彼は情報において、大学教授と自分を天秤にかけたのだ。

 

つまり、
ベンチマークする人よりも情報で武装
ベンチマークする人よりもスキルを磨き
ベンチマークする人よりも経験をする
ことができれば、理論的には自信が持てるはずである。

 

逆に言えば、自信が無いなら、インプット・練習・アウトプットをより繰り返すしか無い。

 

最後に、ビジネスにおいてポイントとなる2つのことに触れて終わりにする。

 

一つ目は、このベンチマークは日々変わる、ということである。

今のTORIHADAの目線は個人ベースでは、サイバーの同期だったり、大学の友達だったり、経営者仲間だと思う。

ただ、僕たちが真の意味でTORIHADAに向き合うなら、イーロンマスクや孫さん、ビートルズやウォルトディズニーとでさえ目線を合わせ、更にオリジナリティを模索しなければならないと思っている。

黎明期の今だから通用することは、僕たちが成長した先のステージでは通用しなくなることに自覚的でなければならない。

常にベンチマークを先に据えて「自ずと信じられる」準備をする必要がある。

それを日頃からしていないと、環境が変わっていることに気付いた時には、時すでに遅し。
自信の無い日々に突入することを自覚せよ。

 

次に、一人一人には限界があるということだ。

例えば時間という制限はみんな均一で24時間だ。

今から一日24時間を仮に5年くらい頑張って、孫さんに情報・スキル・経験で追いつけるだろうか。

それは不可能だ、ということを真面目に受け止めるべきだ。

ではどうするべきか。

それは集合知で戦うしか無い、というのが僕の結論であり、ランチェスター戦略の基礎である。

TORIHADAは幸いにして、採用へのプライドを持ち、実際の従業員の志の大きさやダイバーシティは強みになっていると思う。

僕たち全員の個性の爆発を掛け算によって倍化する、そのシナジーを大きくして、なんとかショートカットするしか、孫さんと戦える方法はない。

もちろん、ソフトバンクの方が大きなチームだが、集中した業界や狙う事業においては数的優位も作れるはずだ。

 

以上まとめると、自信を持つためには、常に個人が意識的に視座を高め、インプットを怠らず、圧倒的に努力し、チャレンジして経験を買うことが重要だ。

そして、その個人がチームワークの重要性を認識し、グループシナジーを最大化していくこと。

それによってチームの成員が、更に"自信"をもつこと。

その繰り返しで僕たちは自信を持て、強くなる。

 

と書きつつ、実際には、自信を持つことは凄く難しいこと。

 

なので、僕はあくまでも起業家という黄金のエルクを演じようと努めているだけ、ボスの教えを守っているだけなんだけどね。

 

(黄金のエルクが気になった方はTORIHADAのバイブル、愛と幻想のファシズムを年末読んでみてね)